お父さんの節約術!貯蓄生活 > 37.第3のビールで節約 お父さんの節約術!貯蓄生活
当サイト概要メディア掲載履歴自己紹介リンクについてリンクの申込お問い合せ
スポンサードリンク
◆37.第3のビールで節約 お父さんの節約術!貯蓄生活

■第3のビールで節約


なんで、ビールだけこんなに高いんだ!
ヾ(`0´)ノ

それは、税金が大きく影響しています!

 あるサイトで調べたところ、一般的な、希望小売価格に占める税負担率は、以下のようになるようです。

お酒 税負担率(酒税+消費税)
ビール 38.7%
発泡酒 35.6%
ウイスキー 22.8%
清酒 17.9%
ワイン 10.3%

庶民の楽しみであるビールが、なんで、こんなに高い税率なんだ!

ということで、各社、企業努力のおかげで、ビール類では次々に節税が工夫され、発泡酒、第3のビールが誕生しました。第3のウイスキーや第3ワインが登場しないのは、もともと、税率が他の酒類より低いからなのです。

ここで、ビールが好きでない方には、


お金がないなら安いワインでも飲んだら!

って思われるかもしれませんが、

●のどが渇いた時に飲むビール
●風呂上りのビール
●汗をかいた後のビール

これは、生きてて良かったと思える至福の時間なんです。

お父さんは、どうしてもビールが飲みたいのです。

もっぱらのビール党!なんです!


税率の関係から、

ビール > 発泡酒 > 第3のビール

の値段関係がありますが、

 ビール好きな方なら、分かると思いますが、『発泡酒』にしろ、『第3のビール』にしろ、言わば、ビールの代用ですから、味は、確かにビール風の味は、しますが、本物には、かないません。

 目をつぶって、飲んだって、『ビール』、『発泡酒』、『第3のビール』の味の区別ができるほどです。

値段は、

ビール > 発泡酒 > 第3のビール

の関係がありますが、お父さんは、個人的に味の方も

ビール > 発泡酒 > 第3のビール

 のような気がします。ビールの味がしますが、『発泡酒』、『第3のビール』ってやっぱり、ビールじゃないですよね!

ビールをお腹いっぱい飲みたい!

ってところなのですが、ふところの寒いお父さんには、もっぱら発泡酒です。

『発泡酒』に関しては、長年のみ続けているせいか、

これは、ビールなんだ!

って、思えるようにやっとなってきましたが、

『第3のビール』に関しては、まだまだ、抵抗感があります。

とは言っても、量販店で『第3のビール』を買えば、350ml缶で100円程度!

これは、

ジュースより安い!

これは、かなり魅力的です。

ビール味のジュースなんだ!

って思えば、抵抗感なくおいしく飲めるような気がします。というか、飲めています。

 最近では、『第3のビール』を飲むことで、浮かせたお酒代で、時々、ビールが飲めるようになりました。

ビール味のジュースなんです!

ビール味のジュースと思えば結構、おいしく飲めるものです。

Copyright(c)2004/11/9〜 お父さんの節約術!貯蓄生活 All rights reserved.