お父さんの節約術!貯蓄生活 > 28.肉料理の外食代を節約 お父さんの節約術!貯蓄生活
当サイト概要メディア掲載履歴自己紹介リンクについてリンクの申込お問い合せ
スポンサードリンク
◆28.肉料理の外食代を節約 お父さんの節約術!貯蓄生活

■肉料理の外食代を節約


 『すき焼き』、『しゃぶしゃぶ』、『ステーキ』などの肉料理が嫌いな方は少ないのでは、ないのでしょうか?すき焼き、しゃぶしゃぶなどの外食するとそこそこのお肉を堪能しようと思うとなると一人前が5000円ぐらいは軽くかかってしまいます。

標準的な家族構成の4人で計算したとして

5,000円 × 4人 × 1.05(消費税) = 21,000円

 もかかってしまいます。そんなにお金がかかったのでは外食も勇気が必要です。ステーキも値段はピンきりですが、やはりそこそこのお肉を味わおうと思うとそれぐらいかかってしまいます。

 すき焼きやしゃぶしゃぶであれば市販のだし汁やタレが、料理店並みにおいしいので、自分で少しリッチにお肉代を奮発して、自宅で調理すれば安上がりに料理店並みの味を堪能できます。100g、1000円ぐらいのお肉で十分おいしく食べれます。予算に余裕があれば100g、2000円ぐらいのお肉を買えば最高においしいすき焼きやしゃぶしゃぶが食べれるのでお父さんの場合、外食するぐらいであれば自宅でなべを囲んで家族で楽しんでいます。

 すき焼きや、しゃぶしゃぶ、なんぞ材料を切るだけでプロの料理人でなくても誰でも簡単にできます。肝心のだしやタレもスーパーで売っているのを購入すれば誰でもプロの味を出すことができるのですき焼き、しゃぶしゃぶを食べるのであれば外食する必要はありません。

 焼肉とかは自宅でやるのは難しいです。部屋の中で炭火をたいて焼肉をやると部屋がくさくなってしまうし、カルビやハラミやレバー、タン、ホルモン、ミノなど、その他いろんなお肉を用意するのは難しいです。下ごしらえでタレに漬け込む作業がお肉をおいしくします。そのタレが店独自なので入手するのは困難です。

 外食は、自宅でできるものは自宅で調理して食べ、プロにしかできないものを食べに行けば、外食代を節約することができます。

Copyright(c)2004/11/9〜 お父さんの節約術!貯蓄生活 All rights reserved.