お父さんの節約術!貯蓄生活 > 20.居酒屋に行かない お父さんの節約術!貯蓄生活
当サイト概要メディア掲載履歴自己紹介リンクについてリンクの申込お問い合せ
スポンサードリンク
◆20.居酒屋に行かない お父さんの節約術!貯蓄生活

■居酒屋に行かない


 居酒屋には、必要最低限しか行かない。会社付き合い、友達付き合いがあるので居酒屋の利用は最低限にとどめるべきです。居酒屋の料理をお父さんはおいしいとは思いません。料理を作っているのはプロの料理人ではなくアルバイトです。料理の多くはレトルトや冷凍食品です。ひどい居酒屋になるとお刺身は、スーパーのパックに入った刺身をお皿に入れ替えただけです。自分でも作れそうなものしか出さない居酒屋で出費するのはもったいないです。1回飲みに行ったら3,000円〜10,000円ぐらいかかってしまいます。

 最近のスーパーの惣菜は昔に比べるとすごく美味しくなって安くなっています。お父さんは、居酒屋に行かずにお惣菜を数点買ってきて家で惣菜をつまみながら発泡酒で楽しんでいます。こっちのほうが変な居酒屋より安いし、よっぽど美味しいです。1000円もあれば楽しめます。馬刺しや牛刺しや刺身だって居酒屋で注文するよりスーパーで購入したほうが安いです。大勢でわいわいしたい時は、居酒屋を利用する価値があると思いますが、そうでなければ行く回数を減らしてみましょう。

もし月に3回、居酒屋に行き、その都度5000円使っていたとすると。

年間: 5,000円 × 3回 × 12 = 180,000円

年間に18万円も使っていることになります。

もし月に居酒屋を1回にして、お惣菜と発泡酒を2回にすれば

年間: (5,000 + 1,000 × 2) × 12 = 84,000

年間10万円近く、節約になります。まあ、居酒屋だけですめばよいのですがその後の2次会、3次会も顔を出していると居酒屋にかかる費用の比ではありません。年末年始の忘年会・新年会のことも考慮するとお酒代だけですごい金額になってしまいます。

Copyright(c)2004/11/9〜 お父さんの節約術!貯蓄生活 All rights reserved.